【Blender 2.8】Blenderで法線(Normal)を表示する方法【解説/初心者】

Blender

本記事では、Blender2.8で法線(Normal)を表示する方法について解説します。

「オブジェクトモード」では法線が表示されない


初期設定では法線は非表示になっており、オブジェクトモードでは表示されません。
 

「編集モード」に変更する


まずキーボードの「Tabキー」を押して「編集モード」に変更します。
 

画面右上のオーバーレイのボタンをクリックする


画面右上にある「ビューポートオーバーレイ」の「」のボタンをクリックします。
 

すると、下の方に「Normals」の項目があり、ここで法線の表示/非表示を設定できます。「サイズ」では表示される法線の長さを調節することができます。
 

これで法線が表示されました。
※画像では頂点方向の法線、面の法線を表示しています。

  • 初期設定のオブジェクトモードでは法線は表示されません。
  • 法線を表示させたい場合は「編集モード(Edit mode)」に変更して設定しましょう。
スポンサーリンク

人気記事【Blender 2.8】Blenderをインストールする方法【解説/初心者】

人気記事【Blender 2.8】Blenderを日本語化/英語化する方法【解説/初心者】