【Blender 2.8】Blenderで頂点の座標を揃える方法【解説/初心者】

Blender

本記事では、Blenderで頂点の座標を揃える方法について解説します。

Blenderで頂点の座標を揃える方法


頂点の位置がバラバラの立方体を使って解説します。

「編集モード」+「透過表示」に変更


編集モードに変更して、右上のボタンをクリックして透過表示にします。

例1:Y軸方向に揃える場合


上から見たビュー(テンキーの「7」)にしてから揃えたい頂点を選択します。

「S→Y→0」の順番で入力


Y軸方向に整列させたい場合、「S→Y→0」の順番で入力します。

例2:X軸方向に揃える場合


正面から見たビュー(テンキーの「1」)にしてから揃えたい頂点を選択します。

「S→X→0」の順番で入力


X軸方向に整列させたい場合、「S→X→0」の順番で入力します。

頂点の整列が完了


上の操作で頂点を揃えることで、四角に戻すことができました。

他には、プロパティシェルフから直接座標を入力することで揃えることもできます。
スポンサーリンク

人気記事【Blender 2.8】Blenderをインストールする方法【解説/初心者】

人気記事【Blender 2.8】Blenderを日本語化/英語化する方法【解説/初心者】