【Blender 2.8】Blenderでシームを付ける方法【解説/初心者】

Blender

本記事では、Blenderでシーム(seam)を付ける方法について解説します。
きれいにシームを付けることでUV展開がうまくできるようになります。

本記事の内容

Blenderでシームを付ける方法


まず「編集モード」の「辺選択モード」に変更します。

方法1:「右クリック」→「シームをマーク」


シームを付けたい辺を選択してから、右クリックをして「シームをマーク」をクリックします。

シームが付くと赤色に変化


このようにシームを付けた辺は赤色に変化します

方法2:メニューから選択


そのほかの方法としては、上の辺メニューから「シームをマーク」をクリックすると、シームを付けることができます。

シームを付けることでUV展開がうまくできる


きれいにシームを付けることでUV展開がうまくできるようになります。
たとえば、長細いオブジェクトの場合には、上下の面と縦1つの辺にシームを付けることで左画面のようにきれいにUV展開することができます。

スポンサーリンク

人気記事【Blender 2.8】Blenderをインストールする方法【解説/初心者】

人気記事【Blender 2.8】Blenderを日本語化/英語化する方法【解説/初心者】