【Blender 2.8】Blenderでオブジェクトに親子関係を付ける方法【解説/初心者】

Blender

本記事では、Blenderでオブジェクトに親子関係を付ける方法について解説します。

Blenderでオブジェクトに親子関係を付ける方法


こちらの2つの立方体を使って解説します。

1:Shiftを押しながらオブジェクトを順番に選択


オブジェクトモードでShiftキーを押しながらオブジェクトを順番に選択します。
「親」にしたいオブジェクトは最後に選択してください。

2:「オブジェクト」→「ペアレント」を選択


上のメニューから「オブジェクト」→「ペアレント」→「オブジェクト」を選択します。
ショートカットキーとして「Ctrl+P」でも同様の操作が可能です。

3:親子関係が設定される


親子関係を設定するとアウトライナーの表示が変わります
親のオブジェクトのツリー内に子のオブジェクトが入りました。

「子」は親に連動する


子のオブジェクトは親の変更に連動して動くようになります。

「拡大/縮小」といった操作も連動するようになります。

「子単体」は独立して動くことができる


「子単体」では独立して動くことができます。

スポンサーリンク

人気記事【Blender 2.8】Blenderをインストールする方法【解説/初心者】

人気記事【Blender 2.8】Blenderを日本語化/英語化する方法【解説/初心者】