【Blender 2.8】Blenderで「カメラを原点中心に回転」させる方法【解説/初心者】

Blender

本記事では、カメラを原点中心に回転させる方法について解説します。

カメラを原点中心に回転させる方法


サンプルとして、
原点に配置されている立方体を中心に、カメラをぐるっと1周させる方法を説明します。

まず、原点にエンプティ(empty)を配置します。
※ここではsphereを配置しています。

次に、エンプティを「親」、カメラを「子」として親子関係を付けます。
※Shiftキーを押しながらカメラ→エンプティの順番で選択してからCtrl+P

親子関係を設定したため、エンプティをZ軸方向に回転させると、カメラも連動して動くようになりました。

あらかじめカメラビューを原点を向けておけば、エンプティをZ軸方向に回転させると、このように見えます。
エンプティにキーフレームを設定すればオブジェクトを中心に回転するアニメーションを作ることができます。
非常に便利なテクニックのひとつです。

スポンサーリンク

人気記事【Blender 2.8】Blenderをインストールする方法【解説/初心者】

人気記事【Blender 2.8】Blenderを日本語化/英語化する方法【解説/初心者】